売却活動を開始すると、マンションを見に来るので、キレイに掃除しておく

不動産会社と媒介契約を結ぶと、いよいよ物件を売りに出します。事前に不動産会社から査定額の提示はされていますが、一応の目安額であり、実際に売り出す価格は、売主と不動産会社が相談した上で決定します。

この販売価格は、市場の動向や相場でも変わってきますが、売主にも希望額や諸事情もあるでしょうし、出来るだけ高く売りたいなどの意見があれば、不動産会社に話しておいた方が良いでしょう。

しかし、何よりも早く売りたいのであれば割安にし、特に急がず高額が必要な場合は割高にですが、割安にしすぎると損益になりますし、高すぎるとなかなか買い手がつかないといった具合になりますので、注意が必要です。

こうして販売価格を決定したからと言っても、直ぐに物件の購入希望者が現れるとは限りませんので、まだまだ売買契約を結ぶまでは気を抜けません。

もしも、物件が売れなかった場合でも、不動産会社が売り出し物件を買い取ってくれるという買取保証サービスといった保証サービスがあるので、安心です。

このサービスは、短期間で物件を売却することが出来ることと、買取先が決まっているので確実に売ることが出来るので、新たな住まいの資金源に利用出来るという二つのメリットがあります。

一定の期間内に売れなかった場合や早急に売りたい場合で利用するには確実なので、売却を待つ間の不安などは解消されますが、このサービスは、一般的な価格より売却価格が低くなってしまいますので、ご自身の事情などに合わせて選択しましょう。

まずは出来るだけ高額で売るためには、購入希望者の内覧に備えなくてはなりません。広告の中から内覧見学に訪れる方々は、新たな新居になるかもしれないという気持ちで内覧にいらっしゃいますので、部屋が汚れているなどの場合は、購入する意欲が落ちてしまします。

売り手側も買い手側のことを考えて、部屋を清潔にし、整理整頓をしておく方が良い印象を与えることになります。中には細かくチェックする方もいらっしゃいますので、高額での売却を考えるとここが正念場ですので、出来るだけ行き届いた清掃をしておく必要があります。

特に水回りは、毎日使用するものなので汚れも目立ちます。しかし、そういった部分程、よく見られる場所になるので、出来るだけ清潔にしておきましょう。

こうして不動産を売却する価格が決定しますと、不動産会社は出来るだけ多くの購入希望者に情報を広めるための販売活動を開始します。流通機構へ登録し、広告や宣伝をりようすることが主な活動となります。

SNSでもご購読できます。