半年待っても売れなければ、おそらく売りたい価格では売れない

住まいを売却しようとお考えの方で気になる点は、物件を売却する期間がどのくらいかかるものなの?といことではないでしょうか。たいていの場合、ある程度の適正な価格で売りに出していれば、2~3ヶ月程度で売却できるのが一般的な期間です。

当然のことながら、便利な場所であったり、築年数や物件の特徴などの条件によっては、直ぐに購入希望者が現れることもありますが、逆の場合になりますと、長期間、買い手がつかないといった状況になってしまうこともあります。

また、3ヶ月経っても買い手がつかない時は、物件の値下げをしたら売却し易いのでは?と考えられる方もいらっしゃるかと思います。もちろん、値段を下げることで買い手が付きやすくはなるでしょう。しかし、売主側としても売却後の資産計画もあるでしょうから、納得のいかない価格で売却したとしても後悔してしまうのではないでしょうか。

当初の設定価格が、市場の相場価格に合致する価格設定ではなかった場合ということでなければ、そう簡単に値段を下げることもないかと思われます。不動産を売却したことのある方の多くが、半年程度の期間で計画を立てていらっしゃいます。

早急な売却をお考えではなく、希望する価格に近い売却を望まれる場合は、半年という期間を待ってみるのも良いと言えます。

ですが、半年待ってみても、買い手がつかないといったケースも中にはあります。そうした場合、売主の方は、不安と焦りでいっぱいになってしまうことでしょう。そうなってくると値段を下げるという方法も考えなくてはならないと思うはずです。

しかし、まだ値段を下げるという選択をするには早すぎます。まず不動産会社に相談し、再度、広告やホームページなどの宣伝方法を見直すという方法もあります。

最悪の場合を考えますと、値段を下げても、下げても買い手が現れない場合は、その値下げを繰り返すことにより、物件に何か欠陥があるのではないか?と思わせる要因にもなりかねませんし、まだまだ、値段が下がるかもしれないので、もう少し待ってみようともなるかもしれません。

こうしたことから、売却期間に時間がかかっているからといって、容易に値段を下げる方法を選択することが良いとは言えないのです。実績や対応情報を豊富に持ち合わせている不動産会社とよく相談をし、より良い方法を見つけてることがベストではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。