一般媒介契約だとレインズに登録されていないこともある

今やインターネットを利用すれば誰でも気軽にいつでも好きなときに不動産情報をチェックすることが出来るようになりました。ですが、不動産情報には私たち一般人がチェックすることの出来ない、不動産会社だけが知ることの出来る不動産情報が存在します。これが、不動産流通機構の”レインズ”というものです。

レインズとは、”Real Estate Information Network System”の略で、不動産会社同士が情報のやり取りを行っています。レインズは1990年から作られたネットワークシステムで、レインズは国土交通大臣の指定を受けている

  • 東日本不動産流通機構
  • 西日本不動産流通機構
  • 近畿圏不動産流通機構
  • 中部圏不動産流通機構

によって運営されていて、このレインズは全国の不動産会社が加入しています。レインズは、標準化されている不動産情報が登録されていて、ネットワークを通じて会員である不動産会社がチェックすることが出来るようになっています。

不動産会社しか利用することの出来ないものだったら、私たちには関係ないことだと思われてしまいますが、実はこのレインズの仕組みを知っているとマンション売却活動を有利に進めることが出来きます。

レインズのルール

マンションを少しでも有利に売りたい!と考えている方は是非、レインズのルールもチェックしておくようにしましょう。

このレインズのルールとは、

  • 専属専任売買契約(1つの不動産会社のみに売却を依頼する売買契約)
  • 専任売買契約(自分で見つけてきたマンションの買い手とはその不動産会社を通さないで契約できる)

マンション売却を依頼した場合、不動産会社はその情報を決まった期限内に必ずレインズに掲載しなければなりません。

また、売買が成約した場合でも成約した価格を掲載することが義務付けられています。これがレインズのルールです。レインズというのは、不動産会社の専売特許なので一般人には中々公開してくれないのです。

ですが、売買契約を結んでいるのにレインズの情報を開示してくれない不動産会社は、マンション売却活動を怠っている可能性もあるのでマンション売却を不動産会社に依頼している方は必ずこのレインズを確認しておくと良いですね。

また、不動産会社によってはレインズに売却情報を掲示する前にマンション買い手を必死に見つけようとすることがあります。これは、マンション売り手・買い手を自分で見つけるほうが両者から仲介手数料をゲットできる”両手仲介”が可能になるためです。

レインズを利用してしまうと、他の不動産会社に買い手を持っていかれる可能性も高く両手仲介が出来なくなってしまうためレインズに情報を掲載するのを渋る不動産会社もあるのです。

マンションを少しでも有利に売りたいと考えている方は是非、レインズのルールをしっかり把握して依頼した不動産会社が両手仲介を狙っていないかどうかも確認しておくようにしましょう。

レインズ登録のメリット

不動産会社だけが知ることの出来るレインズ。このレインズに登録すると一体どんなメリットがあるのでしょうか。

まずマンションの売主には、情報を共有されることによって会員登録をしている全ての不動産会社から買い手を探してもらうことが出来るようになります。

会員である全国の不動産が一斉にチェックすることが出来るので、レインズ登録をするとより早くマンション売却が可能になるのです。また、取引事例から市場動向をチェックすることができるので、マンション売却の適正売却価格の見直しや設定が可能になります。適正売却価格を知ることによってこちらも早期にマンションを売却することが出来るようになるのです。

また、買主にとってもレインズ登録のメリットがあります。常に最新の情報を知ることが出来るほかに物件検索が可能になります。取引事例から市場動向をチェックすることによって適正な市場価格によってマンションを購入することができるので損がなくお得に欲しい物件を手に入れることができるのです。

レインズをチェックすることが出来るのは会員登録をしている不動産会社のみ、となります。レインズは一般人には公開されていません。レインズ自体が公開されているわけではないのですがレインズで掲載されている物件情報を公開しているサイトは私たちでも気軽に見ることが出来るので不動産売却や購入を検討している方はこういったサイトを利用するのもオススメです。

 

SNSでもご購読できます。