マンション売却の流れを事前に知ることで、今後の計画が建てやすくなる

マンション売却の大まかな流れは、次の3つのステップに分けて考えられます。

  • ステップ1:マンションを売りに出すまでの準備
  • ステップ2:マンション売り出し中の活動
  • ステップ3:買主決定から引越しまでの手続き

ステップ1については、「マンション売却の流れ~準備編~」で解説しました。ここでは、「ステップ2:マンション売り出し中の活動」について見ていきましょう。

媒介契約業者との打ち合わせ

マンション売却を依頼する不動産業者と媒介契約を結んだら、今後の予定について詳しく詰めていくことになります。

  • マンションの受け渡し可能時期
  • マンション売却希望額

など売主としての希望をしっかり伝え、売出価格を決める戦略を練りましょう。詳しくは「あなたが提示する『売却価格』の決め方」「『価格』と『スケジュール』はセットで考える」をご参照下さい。

売却活動の開始

媒介契約を結んだ不動産屋は、売却対象物件に対して新聞広告や自社の自社のホームページへの掲載、レインズへの登録(「レインズ(共同仲介)の仕組みを知っておく」参照)といった売るための活動を行ないます。

内覧希望者の案内

広告やホームページを見た個人やレインズの情報を見た仲介業者からの問い合わせを受けた不動産屋は、希望があればマンションの見学(=内覧)へと案内します。売主であるあなたは、いつ見学者が訪ねてきても良いように、マンション内の掃除や不要物の処分、内覧者を迎える心構えなどを準備しておきましょう。

万が一、内覧希望者が現れなかった場合は、売却価格の変更も検討する必要があります。営業担当者とよく話し合ってみましょう。(「売れない理由と対処法」を参照)

購入申込書の受領と売却条件の交渉

内覧をした人が購入を決意したときは、不動産屋を通じて購入の申込手続きが行われます。このとき作成されるのが「購入申込書」です。この段階では、まだ売買契約は成立していません。

購入者から価格を含めた「希望」が送られてきますので、それを元に相手に売るかどうか検討して回答します。ここでもっとも悩むのは「価格交渉」です。購入希望者から値下げ交渉が提示されたときにどこまで応じるか、あらかじめ営業担当者と打ち合わせておくと良いでしょう。「1円でも高く売る『価格交渉術』」「売り逃さないために心がけるべきこと」をご参照ください。

SNSでもご購読できます。