マンションが売れる一般的な期間を知って、自分と比較してみる

マンションを売却する場合、期間をどのくらいかければ売れるのか?特に住み替え・買い替えでの売却を検討している方は売却と購入のタイミングの関係もあり気になる所ですので、期間についてはシビアに考えておかなければいけません。

とは言っても購入したい方が現れるかどうかなので、絶対にこのくらいの期間があれば売れると言えませんが、平均的にこれくらいの期間があれば売れるというのはあります。

マンションが売れる期間

売却までにかかる期間は、平均的に3ヶ月くらいです。売り出し開始時は新しさがあるので問い合わせが多くなる傾向ですので、その期間を逃さず、1ヶ月以内に売却という事ももちろんありますが、適正価格での販売であれば大体3ヶ月と言われています。

3ヶ月で売れる理由

平均的に3ヶ月で売却できるのですが、その理由の一つとして仲介をお願いする仲介業者との媒介契約が3ヶ月(3ヶ月を超えない範囲で任意、通常3ヶ月で契約が多い)という事も理由として挙げられます。

どういう事かと言うと、通常、売却経験者であったり、よほどの知識がない限り、ほとんどの方が専任媒介契約と言って不動産業者1社にのみ仲介契約をしてマンションを売ります。その仲介をお願いする契約期間が3ヶ月です。

仲介業者の利益は仲介手数料ですので、売却できなければ収益がゼロとなります。その為、この媒介契約を締結している3ヶ月の間にどうにか売却できるように戦略をねります。

どうにか売らないことには利益になりませんし、売却できずに契約を終了して売主が他の不動産屋さんに変更してしまったら、営業活動をした分、赤字になってしまいます。そうならないように努力するため、3ヶ月で売れるというか売れやすいと言えるんです。

マンションが売れない

当然、物件によっては3ヶ月で売れない事もあり、その場合、3ヶ月で契約が終了ですので、更新するか、他の仲介業者に変更するかを考える必要があります。

更新する場合も多いですが、気をつけて欲しいのは不動産業者が売れなった理由を把握し、その対策をきちんと考えているかどうかです。期間3ヶ月で売却できなかったら契約を結んだ不動産会社を変更した方がいいのか?

もし、あいまいな売却スケジュールであったり、納得できない、また根拠がないのに価格のせいにし値下げ提案をしてきている場合は業者を変更する選択も視野に入れて考えた方が良いです。3ヶ月で売れなかったという事は不動産会社(担当者)の力量が足りない可能性もあります。

もし更新するなら、納得できる売却活動を示す必要がありますし、専任媒介契約を結んでいる場合、営業活動の報告を2週間に1回以上行う義務があるので報告についても疑問点などがあれば都度聞くと良いでしょう。

3ヶ月で売れなったら業者の対応次第では業者変更の検討を!とは言っても、不動産によって売りにくい物件がある事も知っておいた方が良いでしょうし、売主としてもどうして売れなったのかを考えるべきです。

価格が高すぎたのか?他に比べて魅力がないのか?内覧はあったけど売れないという事は・・・?そもそも内覧がない?など色々と考えてみる事が大事です。そうしないと、業者が言っていることが本当かどうか判断がつきかねます。

売却にかかる期間は3ヶ月くらいですが、実は売り出しを開始するまでに時間がかかります。 と言うのも、媒介契約を結び仲介を頼む不動産会社を探す必要がありますし、1社だけ見て決めるなんて事は絶対にしてはいけない(売却失敗の可能性大)ので少なくとも3社は相談します。

そうすると、時間が思っている以上にかかるため、期間についてはある程度余裕を持って考えておくべきです。 もし売却はいつまでにという日程期限がすでに決定しているのであれば、できる限り早く査定だけは済ませ、早目の準備をオススメします。

近隣(近所)の不動産屋に相談に行くのも良いですが、まだ売るかどうかも決まっていない方もいるでしょう。そういった場合に手軽に利用できるのが、一括査定です。早目に備えておく事は余裕をもって売却可能な為、高く売れる事につながります。

 

SNSでもご購読できます。