自分のマンションの魅力を見直して、どんな人に最適な家かを考える

不動産売却には、タイミングが重要だと言われています。でも素人からすると、そのタイミングを見極める事こそが難しいですよね。せっかく一念発起し売りに出すと決めた、天塩にかけた自分の物件ですので、少しでも高い値で売れることを願うはずです。

ですが、内心このまま売れなかったらどうしよう・・。査定額もさがってしまうのでは・・?と心配もしてしまいます。どこまで高値のまま勝負に出たほうがいのか、またどこからは値段を下げて交渉していったほうがいいのか。

買い手が集まらないのならばすぐに条件を変更したほうがいいのか、あるいはそのまま気長に待っていたほうが功を奏するのか、疑問は募ります。その相談は不動産屋さんとじっくりするかと思いますが、ここでは抑えておくべき三つのポイントをご紹介したいと思います。

この三つをきちんとさせておくなら、波を掴んで、自分のマンションを売るための適正なタイミングと価格がわかるはずです。

三つのポイント

マンション売却にあたって必要なもの、それは売り手側の明確な売却へのビジョンなのです。明確な売却のための目的、そして目標がある物件は、その熱意が不動産会社にも伝わりPRの質も上がり、最終的に集客が見込めるのです。

それに比べて明確なビジョンや目標金額、売れるまでの期限がはっきりしていないのなら、買い手が現れたとしても売り手が決めかねてしまい、そのうちに買い手側が離れていく、ということがあり得ます。売り手側の熱意は確実に、買い手側にも伝わるものなのです。

またそのような気持ちのままでは、不動産業者も広告活動を熱心にする、という可能性は低くなります。後回しにしてもいい、重要度の低い物件、とみなされて、いつまでたっても買い手の見つからない物件となってしまいます。

不動産会社に相談する前に、いつまでに売却したいか、どのくらいの価格で売却したいかなどの具体的な目標を決定しておきましょう。

ニーズを知る

自分のビジョンがはっきりしたなら、今度は買い手側のニーズをキャッチして、どんな人が自分の物件に興味を持ちそうか考えてみましょう。それは家族持ちの方でしょうか?それとも共働きの若いご夫婦ですか?それともシニアの老後の生活のために良い物件といえるでしょうか?

または自宅としての購入に向いているのか、セカンドハウスとしての購入に向いているのか?さらに転勤の時期の方が興味を持つか、それとも子どもの進学を機に引っ越す方に向いているのか、あるいは結婚を機に購入を考える若い人向けのものなのか・・・。

ご自分のマンションの特徴に合わせて、それに合うターゲットを絞り込んでみましょう。そしてそのターゲットの層の方が動く時期を狙って、そこに絞ってPR活動を行ってみるのです。

世間の動向

世間の動向とは何でしょうか??それは刑期の流れや金利の動向のことです。住宅ローンは大きな金額であるゆえに、金利がとても大きく関係します。金利が下がる時にはローンを組む人も増えますし、金利が今後上がるとなれば駆け込むようにそれに拍車がかかります。

近年では消費税増税に伴う住宅購入支援策として、住宅ローン控除の対照額が大きく引き上げられたりと、住宅ローンに関わる経済状況は日々変化しているのです。今世間の経済の流れはどうなっているのか、それを日々感じることにより、自分のマンションを売る時期も逃さずに捕らえることができます。

このように自分にとって、買い手にとって、そして世間的にも買いの波が来た!と思ったなら、ど のように自分のマンションをアピールしたらいいでしょうか?それはどの程度あなたのマンションがお得だ!と思ってもらえるか、どのようにそれを演出できるかにかかっています。

買い手側にその物件のメリット、売りポイントを説明するのは不動産会社なので、前もってあなたが思う物件の一押しポイントを伝えておきましょう。それを不動産会社から聞くことで、買い手側も信頼できる情報として受け入れることができます。

信頼関係が築けた、自分にかわって物件を押してくれるような熱意のある担当者さんを選べれば、とても良い結果に繋がります。さらに買い手が求めているのは、広さや間取りなどの一般的な情報ではなく、生活していたあなたにしかわからない情報なのです。

例えば、このマンションに住むことでどんな快適な暮らしを手に入れることができるのか。日当たりや景色、歩いていける場所にどんな素敵な場所があるか、などどんな情報でもいいのです。自慢のリビングには陽が差し込んで観葉植物がよく育つ、ベランダからは綺麗な夕焼けが見える、そんな情報も、買い手側からすれば立派なポイントです。

また交通の便利さや、ご近所のかたの優しさが魅力かもしれません。とにかくご自分のマンションのおすすめポイントをたくさん挙げてください。その中に一つでも買い手側のニーズとぴったり一致するものがあれば、相手は購入へと踏み切るかもしれません。

大切なのはタイミングを見極め、上手にセールスポイントを伝えることです。あなたの大切なマンションだからこそ、最後まで手間を惜しまず高価売却を目指しましょう。

 

SNSでもご購読できます。