今一度、マンション売却の流れを見て、計画を練り直そう

新生活に向けて、マンションを売却したい!そう一念発起したものの、さて何から始めればいいのだろう、そう思われるのも、無理はありません。 不動産問題は難しく、プロの力を借りなければわからない問題ばかりだからです。

不動産屋さんの力を借りるのはもちろんですが、その前に自分でも最低限、マンション売却の際の流れを知っておきたいですよね。 そのために、ここでは一般的なマンション売却までの流れをご紹介します。これからマンション売却を考えているあなたに、ぜひ役立てていただければと思います。

はじめの一歩

マンション売却を考えている際、まず踏むべきステップとは何でしょうか? それは査定額の相場を知ることです。その差定額の相場を知った上で、それに基づいてはじめて不動産屋さん選びをすることができるからです。

ではそのマンションの差定額の相場はそのようにして調べるのでしょうか。調べるために必要な書類をピックアップしました。

  • マンションの登記簿謄本
  • マンション購入時の販売パンフレット、またマンションの管理規約などの必要書類

こちらがあれば、不動産屋さんともスムーズに話を進めることができ、査定額を算出するのに役立ちます。

気をつけたいのが、査定額と実際に売れる金額は違う、ということです。査定額の高い不動産屋さんが、本当にその額で売れるように力を尽くしてくれる会社だとは限らない、ということです。

査定額の少しでも高い不動産屋さんを選びたくなる気持ちは抑えて、少しでも高い価格で売るために全力を尽くしてくれそうな、信頼して任せられる不動産屋さんをえらぶようにしましょう。

マンション売却、全体の流れ

そしてマンション売却手順に入ることになります。最初に査定価格を参考に、売り出し価格を決めることになります。

次に、不動産会社と、マンションの売却を仲介してもらうための媒介契約を結びます。この契約は仲介業者(不動産屋)が売り手、あるいは買い手と結ぶ契約のことで、マンション売却時には不可欠となります。

この媒介契約には二つの種類があります。ひとつは一般媒介契約で、こちらは仲介契約の一種です。

この場合、売り手は売却仲介業務を複数の仲介業者に依頼することができます。一社だけに頼むのでは、高価での売却が望めないのではないか、といった不安を抱く方は、一般媒介契約を選び複数の業者に依頼する傾向にあります。

その場合は自然と両手仲介(仲介業者が売り手側と買い手側の両方と契約を結ぶこと)が必要になってきます。それに比べて専任媒介契約は、売り手が売却仲介業務を一社だけに専任以来する形の契約です。

不動産会社との信頼関係が成立している方、この担当者に任せたい、という担当者が決まっている場合にはこちらの契約形態がおすすめです。不動産業者側として、専任して売却を任されたという責任感とプライドが生まれますので、より売却にv向けて積極的に尽力する傾向にあります。

これらの契約が一通り済んだなら、いよいよマンションの販売期間へと移ります。

マンションの販売期間

販売期間が始まると、内覧会の開催が、売り手側の主な役割となります。少しでも多くの方に内覧会に来てもらい、そのときに好印象を持ってもらうべく、マンションの掃除や照明、玄関のイメージなど、細部に渡るまで気を遣って買い手側をもてなします。

内覧時間は数十分から一時間かからない程度ですので、第一印象が良くなる空間作りを心がけましょう。この間に思ったより買い手が集まらなかったり、買い手側から値段の交渉があったのならば、売却の値段を調整したりします。

売却契約の締結

買い手側から正式にマンション購入の意思が伝えられたなら、正式にマンション売却契約に移ります。売却条件や引渡し日など、買い手側の意向を聞きながら条件を調整することができます。不動産屋さんを交えて、具体的なお支払い方法などを決めていきます。

売買契約を結んだなら、その際に買い手側から手付金をもらいます。

マンション引渡しへ

マンション引渡し日までに引越し、また抵当権の抹消手続き、必要な書類の準備などを済ませておきましょう。売却完了後には売買残余金を受け取り、登記の申請をすれば全て完了です。こうして全体の流れを見ると少しイメージが湧きやすいですよね。

一通りの流れを把握しておくなら、その都度最善の決定をして、高価売却のために良いルートを選ぶことができます。ぜひ不動産屋さんに相談する前に、すべてのステップを一度おさらいしておきましょう。

SNSでもご購読できます。